週刊マジオン2016年11月分配信内容

週刊マジオンにご入会いただきますと、1か月分を会員価格(2,000円+消費税)でご購入いただける「まとめパック」がご利用いただけます。

現象

中央に穴の開いたカード4枚の中から2枚のカードを選んでもらいます。4枚のカードをリングで綴じて軽く振ると、1枚のカードがひっくり返ります。確かにリングがちゃんと閉じていることを確認した後、もう一度振ると今度は2人目のカードだけがひっくり返った状態になります。もう一つ見せると言って、3人目にカードを選んでもらいます。4枚をリングで綴じておまじないをかけると、3枚のカードがリングから外れ、観客のカードだけが残ります。

 

ボーナストリックとして、変わったリンキングカードもご紹介いたします。

現象:

「ワン・ツー・スリー」というマジシャンの掛け声に合わせてカードが次々と変化していき、最後に観客のカードが現れます。

 

ペイントブラッシュチェンジを連続して行うというテーマで考えた手法です。エースオープナーとして演じる応用手順もご紹介いたします。

現象:

割りばしを袋からゆっくりと引き出していき、途中で観客にストップをかけてもらいます。ストップがかかった場所にペンで印を付けますが、印を付けた場所が、もう片方の箸に予言されています。

 

即席的に演じられる予言のトリックです。週刊マジオン史上最もシンプルで簡単なマジックですが、観客のウケはとても良く、逆に演じているこちらが驚かされるほどです。

現象:

観客に1枚のカードを引いてもらいます。その後4枚のエースを示し、おまじないをかけます。すると、観客の選んだカードと同じマークのエースがひっくり返ります。さらに、残りの3枚を見ると、観客の選んだカードと同数字のカードに変化しています!!最後は、ひっくり返っていたカードが観客のカードそのものに変化します。

 

レギュラーデックで演じられるテクニカルなパケットトリックです。ツイスト、変化、クライマックス、と連続で現象が起こりますので、ボリューム感があります。ぜひ挑戦していただきたいカードマジックです。

現象