週刊マジオン2017年10月分配信内容

10月中のご入会ですべてダウンロードしていただけます。

 

【電脳フィンガー】

マジシャンは電卓にある数字を打ち込んで渡します。観客は頭の中でサイコロを振り、その目の数字をかけてもらいます。これでランダムな数字ができたはずですが、マジシャンは指先の感覚を頼りにその数字のカードを出していきます。

 

古典的な原理の野島によるバリエーションです。レギュラーデックが一組あれば少しのセットで演じられます。また、ある程度の大人数にも見せられるので、サロンなどでも重宝できます。徐々に盛り上がる見せ方など、演出についても詳しく触れています。

【望まれない増殖】

4枚のキングの中に入れた観客のカードを消すと言いますが、おまじないをかけるたびに逆に増えていきます。そして…

 

ジョンハーマンの作品に対するオマージュです。クライマックスに、ストーリーの伏線を回収する現象を加えています。途中のカードの増減のパートはカウント技法を駆使しますので、非常に演じ甲斐があります。

【ツーインワン・プリディクション】

3枚のカードが半分に破られた6つのピースを、観客の意思で好きな組み合わせにしてもらいます。その内容が予言されています。

 

古典プロットに対する野島の回答です。原理自体は古くからありますが、このバージョンでは、予言を複数用意する必要がありません。事前に予言のカードをはっきり示した状態で演じられます。そのため、ストレートな見せ方が可能となっています。

【準備中】

ただいま鋭意編集中です。情報公開までお待ちください。